漫画の感想とか

主に漫画やアニメの感想を書いています。ジャンルは様々で基本的に何でもウェルカム!

ひたすらB級DVDの感想を書いていく

兄の部屋の押し入れを片付けていたら、いかにもB級そうなDVDを大量に発見したので、1本ずつ感想を書いていく。隠れた名作に出会えるのか。わくわく。

 

【1本目】『アタック・ザ・マミー』【字幕版はやめといた方がいい】

アタック・ザ・マミー [DVD]

アタック・ザ・マミー [DVD]

 

まず、2000年制作とは思えない映像の古さに凄まじい衝撃を受けた。敵は、壁をすり抜けるチート能力を有するミイラ(しかし、おっぱいには弱い)。そのミイラと人間が戦うお話なのだが、正直、ミイラのテーマパークはありだと思った。ちなみに、自分は洋画を見るときは吹き替え派なのだが(特にB級ホラーは)、このDVDには字幕版しか入ってなかったので仕方なく字幕版で見た。しかし、あとで検索してみて分かったのだが、この映画は絶対に吹き替えの方がおもしろい。90分も字幕版を見るくらいなら、外でアリの観察でもしてた方が絶対有意義。

 

【2本目】『池田辰雄センサーボックスの驚異』【という名の旅番組】

f:id:tafumayo:20170623174329j:plain

パッケージ右上の「お祓い済み」の文字が良い感じで胡散臭さを演出している。負けじと、作者のプロフィール欄もなかなかの胡散臭さを演出。内容は、ドキュメンタリー調で、「センサーボックス」と呼ばれる、これまた胡散臭い装置を使って、坂本龍馬西郷隆盛の霊を呼び出し、現代人に何か伝えたいことはないか聞いてみよう!という、成仏した霊からしたら何とも傍迷惑な企画である。こんなことばかり言っていると呪われてしまいそうだが、お祓い済みだからきっと大丈夫だろう。降霊パートは後半からで、前半は普通に旅番組。2枚目のディスクに出てくる、通りすがりの青年が西郷隆盛にめっちゃ詳しくて笑う。

 

【3本目】『ウィッチ・クローズ』【魔界大決闘。(笑)】

f:id:tafumayo:20170623174417j:plain

特撮もの。まだ46分という短さだったから見れたものの、最後まで視聴するにはきついものがあった…。最後は、まさかの「俺達の戦いはここからだぜ!」ENDで、思わず戦慄せずにはいられなかった。まだ続くの…。

 

【4本目】『えびボクサー』【愛すべきクソ映画】

えびボクサー [DVD]

えびボクサー [DVD]

 

タイトルを見て思った。今回これが一番のクソ映画だと。パッケージ裏を見て確信した。

配 給 :  ア ル バ ト ロ ス

もう絶対クソ映画…と思って見たら意外と面白かった。パッケージには「えびのスポ根サクセスストーリー」と書いているが、えび自身は特に練習とかしない。実際、がんばってるのは、主人公の皮肉屋中年おじさん。彼が、えびのために毎日餌を与え、保湿クリームを塗り、関節マッサージを施し…地味にがんばる。そのうち、えびに対して愛情が芽生え始め、えびを見世物として戦わせることに疑問を抱き始めるのであった…。この物語は、愛することを忘れてしまった男が、再び愛を取り戻すまでの感動物語でもあったりする。でもクソ映画はクソ映画。

 

【5本目】『CUT 人間彫刻』【パッケージだけなら一番借りたいDVD】

CUT~人間彫刻~ [DVD]

CUT~人間彫刻~ [DVD]

 

もし、この中で一本だけ好きなDVDをレンタルできるとしたら、私はこれを選ぶだろう。だが、B級ホラーはパッケージが良いほど、地雷率も高いと相場が決まっているので、絶対クソ映画だろうなと思いつつ視聴してみたところ、意外と普通だった。かといって別段面白いというわけでもなく、なんとも中途半端な印象。「人間彫刻」というタイトルのわりには、肝心の彫刻作品が出てこなく、犯人から何の芸術性も感じられないのが一番の欠点。見れないほどではないが、別に見なくてもいい映画。

 

【6本目】『コールド・クロス』【主人公闇堕ち系映画?】

コールド・クロス [DVD]

コールド・クロス [DVD]

 

殺人鬼役のデニスホッパーがすごいきもい。おじいちゃんが若者と変態プレイをしながら「感じるだろ?(ドヤァ)」とか言ってる姿はなかなかにきもかった。そういう役だから仕方ないけど。結局最後の模倣犯って、マイケルってことなんですかね?なんか後味悪い終わり方だったな…。 

 

【7本目】『ザ・ミラー』【設定ガバガバ映画】 

ザ・ミラー [DVD]

ザ・ミラー [DVD]

 

鏡の恐怖感が全く無い。敵も普通にゾンビみたいなやつだし。鏡関係ない。死の迷路だかも、出られるのか出られないのか中途半端だし、伯爵夫人とかいらなかったでしょ。結局なんだったんだ。

 

【8本目】『地獄プロレス』【ニコラスぺタスの無駄使い】

地獄プロレス [DVD]

地獄プロレス [DVD]

 

B級映画らしく、安っぽい演出に、安っぽいCG。だが、それは別に良い。一番の問題はプロレスをしないことである。やっとプロレスするのかと思いきや、突然出てきたチェーンソー野郎によって、全員瞬殺。せめてプロレスしろ。気が付いたら途中で寝てしまっていたので、最後どうなったのかは謎。

 

【9本目】『ジャック・ザ・ベア みんな愛してる』【少年の演技が良い】 

ジャック・ザ・ベア/みんな愛してる [DVD]

ジャック・ザ・ベア/みんな愛してる [DVD]

 

心理描写が巧みな映画。小説っぽい。物語の冒頭で、主人公がベットに寝そべって何気なく腕を下にだらーんと下ろすシーンがあるのだが、ふと怖くなってしまい、急いで腕を引っ込める。何度か出てくる「怪物は人の心に潜んでいる」という言葉の伏線にもなっていると思われるこのシーンだが、私も布団から足を出して寝られないタイプの人間なのですごく共感した。もっとハートフルな映画かと思ってたら、意外と重めな雰囲気の映画だった。

 

【10本目】『ジャック・フロスト パパは雪だるま』【登場人物全員いい人】

ジャック・フロスト パパは雪だるま [DVD]

ジャック・フロスト パパは雪だるま [DVD]

 

今回見たDVDの中では、一番好きかもしれない。ストーリーは、死んだお父さんが雪だるまになって帰ってくるというファンタジーもの。笑えるシーンもあるけど、雪だるまだからいつかは溶けて居なくなるんだよな…という切なさが漂う。登場人物もみんな良い人で安心して見ていられる。ペットのプードルが良い味出してる。

 

【11本目】『スリープウォーカー』【オチが微妙】

スリープウォーカー [DVD]

スリープウォーカー [DVD]

 

夢遊病の殺人鬼が題材ということで、江戸川乱歩の小説みたいに、「実は夢遊病患者を利用した第三者が真犯人でした」とかいうオチを期待していたら、まさかの夢オチ。別に夢オチなら夢オチでいいんですけど、じゃあ、寝台列車での血は何だったんだとか、フェイクの魚は何だったんだとか、結構モヤモヤする終わり方だった。

 

【12本目】『星空キセキ』【パッケージ詐欺アニメ】

星空キセキ [DVD]

星空キセキ [DVD]

 

今回見た中で、唯一のアニメ作品。そして1番のパッケージ詐欺作品でもある。一見した限りでは、綺麗な星空の背景が描かれたパッケージに、「この夏、星空に恋をした」という、意味深なキャッチコピーが、隠れた名作への期待を膨らませる。が、蓋を開けてがっかり。何をしたいのかよくわからないストーリーに加え、たまに教習所とかで見させられる交通安全ビデオで流れてそうなBGMで一気に萎える。かといって、特に映像が綺麗というわけでもなく、なんとも残念なアニメである。

 

【13本目】『マッド・カンニバル』【アウトラスt…】

「やはりオマエはこちらの世界の住人なのさ…」

この言葉の意味を理解した時、あなたはすでに精神に異常をきたしているだろう…。

…というあおり文から始まるあらすじ紹介が良い感じ。「多重人格」、「狂人の館」、「44番独房」…などワクワクさせられる単語がいっぱい出てくる。中味もまあまあ面白い。精神病院施設を舞台に、主人公と幽霊が追いかけっこするが、ワールライダー計画ではない。

 

【14本目】『めいど in あきはばら』【意外とおもしろい】

めいど in あきはばら [DVD]

めいど in あきはばら [DVD]

 

パッケージからして、いかにも萌え萌えな感じで、内容も、サキちゃんの声が意外すぎるとか、雅ちゃんの歌が絶妙に下手くそとか、色々ツッコミどころ満載なんですけど、一番はこれ。

f:id:tafumayo:20170623154249p:plain

このシーンの、後ろに映っているきんぎょのぬいぐるみなんですけど、このぬいぐるみ、どっかで見たことあるなぁと思ってたら…

 

f:id:tafumayo:20170623171117j:plain

私も持ってる~!!

 

昔からずっと私の部屋にあった身元不明の、ふると音が出る謎のぬいぐるみー!自分、きんぎょでいうとトサキント世代なので全然知らなかったのですが、どうやら『きんぎょ注意報』って漫画のぎょぴちゃん?っていうキャラクターらしい!もはやDVDの内容なんてどうでもいいくらい、きんぎょに心奪われてしまったよ!

 

【15本目】『レーシング・ストライプス』【実写版マキバオー

レーシング・ストライプス [DVD]

レーシング・ストライプス [DVD]

 

トーリーは「走るのが大好きなシマウマが競馬で優勝するためにがんばる」という、実写版マキバオーのようなストーリー。テンポも良く、吹き替え声優の演技も合っていて、安心して見ていられる。普通におもしろかった。 

 

 

以上、B級DVDの感想でした。

 

普通にハクソー・リッジが見たい。