読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の感想とか

主に漫画やアニメの感想を書いています。ジャンルは様々で基本的に何でもウェルカム!

「〇〇人間」シリーズ

その他

「〇〇人間」系の映画は、だいたいイカれている。

 

※以下、ネタバレあり

 

ムカデ人間

ムカデ人間 [DVD]

ムカデ人間 [DVD]

 

 

キャッチコピー「つ・な・げ・て・み・た・い」

胸クソ映画としても有名な『ムカデ人間』。その評判通り、視聴後は見事なまでの不快感を残してくれる。登場人物もなかなかにひどく、まず、敵にちゃんととどめを刺さないという初歩的なものから、明らかに怪しい水を飲んでしまう無能な刑事、さらには、意味不明な自殺を遂げるムカデリーダー(ムカデ人間の先頭はリーダーと呼ばれる)など、随所にイライラポイントが散りばめられている。ちなみに、この映画は、全部で3部作構成となっており、続編の2、3となるにつれて、繋がる人数も3人から12人、12人から500人へと増えていくらしい。もはやここまできたら、最初と最後を繋げてウロボロスとかやってそう。

 

武器人間

 

キャッチコピー「人間と武器がくっついちゃった!!!!!!!!!!!!!」

雰囲気は、メタルギアバイオハザードを足して2で割った感じの映画。前半は結構退屈な展開が続くが、武器人間が出てきてからは面白い。とにかく武器人間のクオリティだけは高いので、ゲーム化したら面白いと思う。 以下、武器人間の一部を紹介。

 

ウォールゾンビ:序盤で登場する武器人間。狭い通路から鎌だけ覗かせた後に、のそりと登場する姿はまさに恐怖としか言いようが無い。が、なんせその短すぎるリーチのせいで敵への攻撃が全然当たらない。武器人間界のマンチカン的な存在です。

 

レイザーティース:頭部だけアイアンメイデンみたいな見た目の武器人間。たぶんバイオハザードとかに出てきたら、ちゃんと頭部装甲が開いたときに弾を撃ち込まないと、ダメージを与えられないやつ。

 

モスキート:DVDのパッケージにもなっている武器人間。まずデザインが最高。「ガスマスク」に「ドリル」に「ハーケンクロイツ」って…。背後から音も無く忍び寄ってくる姿は、まさにモスキートの名に相応しい。フィギュア欲しい。

 

マミィー・エヴァ:白衣を着た看護師風の武器人間。マミィー・エヴァしかり、バブルヘッドナースしかり、多少見た目がグロくてもナースってだけで、なんか可愛く見えちゃう不思議。

 

セイウチ人間

Mr.タスク [Blu-ray]

Mr.タスク [Blu-ray]

 

 

キャッチコピー「人間がセイウチになる。」

まさにその通り。それ以上でも、それ以下でもない映画。「セイウチ人間」という衝撃的なフレーズに反して、内容は終始退屈。唯一、「セイウチのペニスは悪魔的」という知識以外、視聴後に得られるものは特に無い。とはいっても、やはり、「セイウチ人間にされた主人公と、セイウチスーツを着た老人との一騎打ち」(通称:セイウチ・ファイト)は、作中屈指の盛り上がりを見せる良いシーン。まぁ、「セイウチスーツ」とか出てきた時点で、みなさんお察しの通り、安いB級映画…なのかと思いきや、キャストにジョニーデップや、シックス・センスの子役だった人が出ていたりと、なぜか出演者だけはA級揃いという、よくわからない映画でもあったりする。

 

まとめ

・だいたいイカれた博士が出てくる。

・グロいよりキモい。

・映画予告編のナレーションが、無駄に豪華。

(『ムカデ人間』→若本規夫、『武器人間』→大山のぶ代、『Mr.タスク』→古谷徹