漫画の感想とか

主に漫画やアニメの感想を書いています。ジャンルは様々で基本的に何でもウェルカム!

「機甲戦記ドラグナー」感想

ドラゲナイよりドラグナイ

OPの「夢色チェイサー」が、まぁ~かっこいいです。私の中では、カラオケに行ったら、まず「ドラゲナイ」より「ドラグナイ」。トランシーバーよりシフトレバーを握りたいわけです。このOPの何が良いかと言われると、疾走感のある音楽はもちろんのこと、「↑←↑」のレバー操作の部分も、バリバリのダインがアップで写るところも、全てにおいてかっこいいという点が挙げられるのですが、私的には発進の合図を出している整備班っぽい人がかっこいいというか、気になります。

 

f:id:tafumayo:20160410132606j:plain

 

名前は無く、顔もほとんど写らない、ただのモブキャラなのですが、このちょっと真似したくなる動きがいいんですよね。

そして、何気に後期OPの「スターライト・セレナーデ」も結構いい曲だと思います。前奏の「テッーテッテッ!」のリズムに合わせてドラグナーの目が一緒に光るところも、歌詞が「星のテラス」とか少し古臭いところもいいですよね~。巷では山瀬まみ黒歴史とか囁かれてたりもしますが、普通に「キンチョー」のCMの方が黒歴史なのでは…?もはや黒というかおもいっきりピンクだけども。

  

ガワラグナ―よりはバリグナー

ドラグナーの一番の売りは「とにかく機体がかっこいいこと」だと思います。

 

ドラグナー

正直、最初にD-3を見たときは「なんてダサい機体なんだ!」と思いました。しかし、本編におけるD-3及びそのパイロットであるライトの地味な活躍ぶりを見ているうちに、D-3こそが一番優秀なMAなのではないかと感じるようになりました。

 

ライト「俺たちの相手はあくまでもD-1だけだ!」

タップ「この混戦の中でわかるかぁ!」

ライト「こいつはD-3だぜ」

(第44話「非情!ドラグナードラグナー」より)

 

ひょえ~!かっこいい~!

  

●スターク・ダイン

グン・ジェム隊の紅一点、ミン大尉の搭乗機。何と言っても最大の特徴は、その両腕に仕込まれた「ハイブリッド・サージ」と呼ばれるチェーンソー。他にも、スカルっぽいフェイスデザインといい、肩から下げた予備弾薬といい、中学二年生が喜びそうな要素を全部詰め込みましたって感じで、私的には一番好きなMAでもあります。ミン大尉に憧れて、ズボンの片足だけ裾を捲り上げて「坊やぁ~」とか練習した人は私だけじゃないはず。

 

●ギルガザムネ(ドルチェノフ仕様)

最終話にてドルチェノフが搭乗する究極のMA「ギルガザムネ」。全高28.3mと、ドラグナーの約1.6倍の大きさを誇ります。ちなみに、お値段の方も現在Amazon新品価格で28307円とラスボス級です。

 

●ファルゲン

「ギガノスの蒼き鷹」こと、マイヨ・プラートの愛機「ファルゲン」。これ、ずっと思ってたんですけど、青ベースの車に黄色でラインを入れて、後ろにはマッフみたいな感じで黒いリアウィングを付けて、仕上げに給油口あたりにギガノスのマークを入れて「ファルゲン仕様」っぽくした改造車とか、結構かっこよくないですか!?…いや、キモいか。やっぱりマイヨが乗るからかっこいいんですよね。もうね、マイヨという男がかっこよすぎて「ケッチャップ派?マヨ派?」って聞かれたら、思わず「マイヨ派」って答えちゃうくらいマイヨが好きですもん。嘘ですけど。本当はマイヨより普通にケーンが好きです。と見せかけて、実は軍曹が好きです。というのは冗談で、本命はOPの整備班の…ってどうでもいいですね。

 

完。