読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の感想とか

主に漫画やアニメの感想を書いています。ジャンルは様々で基本的に何でもウェルカム!

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう第1部」感想

『いつ恋』第1部までの感想を名場面と共に振り返りたいと思います。 

 

※以下ネタバレあり

 

名場面① 練の職場で(第2話)

練が上司に腕立て伏せをさせられる場面です。ほんとあの職場なんなんですか。キャラ設定が「暴君上司」と、その「金魚のフン」と「いじめられっ子」って、完全に「ジャイアン」と「スネ夫」と「のび太」じゃないですか。なんであんな会社が成り立っているのか不思議です。もはやタイトルを「いつかこの会社はきっと倒産してしまう」に変えて、この会社が潰れるまでの軌跡を辿った方がいいんじゃないでしょうか。

 

名場面② 音ちゃんにエール(第2話)

ずっと働き詰めで、意識も朦朧としてきた音ちゃんに向かって、上司っぽい男が「負けないでっ、もっお~少しっ♪」ってエールを送ってた場面です。クソうぜぇです。

 

名場面③ 高級そうなレストランで(第2話)

練ときほちゃんが高級そうなレストランで食事をする場面です。お会計のシーンがもはやネタです。

 

店員「お会計○千円になります。」

 

練「ここは僕が(キリッ」

バリバリバリバリッ!!

 

キャー///

 

まさかのバリバリ財布ぅ///

 

しかも30円足りない/// 

 

でも冷静に考えてみてください?逆に高良健吾がバリバリ財布を使ってたらどうですか?好感度上がりませんか?

 

名場面④ きほちゃんのメール(第3話)

きほちゃんが練に向けて送ったメールの内容です。

わたしは新しいペンを買ったその日から、それが書けなくなってしまうことを想像してしまう人間です。

このフレーズが普通に良い表現だなと思いました。しかも、最後の文章でまたペンの話と掛けてくるのが良いですよね。

練。あなたと付き合いたい。あなたを恋人だと思いたい。 買ったばかりの新しいペンで、思う存分あなたを好きだと綴りたい。

きほちゃんのこういうところ好きだな。

 

名場面⑤ バスの中で(第4話)

バスの中で音ちゃんが転んでしまった拍子に、カバンの中身をばらまいてしまう場面です。可哀相なことに、着替えとかも出ちゃって、それを近くにいた男が「うほっwブラジャーだw」的な感じで拾うんですよ。さらには、その状況を写メる人も出てきたり。音ちゃん完全なる笑い者です。やべー。東京怖いよー。そこで練が助けに入るわけですが、このときのセリフは密かなマイブームとなりつつあります。

 

「なぁんも、おもしぇぐねぇ!!」

 

言いたくなる~。

 

名場面⑥ 独り言合戦(第5話)

なんかひとしきり文句を言った後に、「独り言ですけど」って言いながら会話する場面です。

 

音「心配なら帰ればいいのに。独り言ですけど。」

練「余計なお世話です。独り言ですけど。」

音「誰かがおじいちゃんのそばにいてあげないと。独り言ですけど。」

練「仕事、休めないんです。独り言です。」

 

ヒロシです…。」

 

とりあえず最後にこれを付けておけば、たいていの文句は許されます。

 

名場面⑦ 世界で一番気まずい鍋パーティー(第5話)

言ったら?

好きなんだったら好きですって言ったら?

練。好きよ。

練。好きよって。

好きよ。

好きよ。

好きよ。

好きよ。

 

もはやちょっとしたホラーでしたよね。稲川淳二もびっくりの抑揚の付け方。この後、坂口健太郎は早々と逃げるし、きほちゃんは泣いたままだし、おばあちゃんは皇潤を取りにどっか行…かないですけど、小夏を連れて退場。取り残された人たちの気まずさを考えるともうね…。とりあえず御曹司が可哀相でした。

 

 

以上、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第1部の感想でした。

第2部の展開については、友人と2時間くらいファミレスで議論してたんですけど、とりあえず錬と音ちゃんは結ばれるという結論に落ち着きましたね。でも、あのふたりが結婚したら、絶対悪い人に騙されたり、借金背負わされたりするんじゃないかって話になって。いや、ふたりとも自己主張できないわけじゃないし、むしろ悪いことは悪いって言えるんですけど、自分が我慢すれば済むことだったりすると、何も言わないで済ませようとしちゃう部分がありますからね。きっとこの先、損ばっかりの人生ですよ。たぶんこのドラマが胸糞ドラマなのは、周りの人間がクズばっかりっていうのも大きいと思いますが、一番の原因は主人公たちの自己犠牲精神が強すぎるところだと思うんですよ。ふたりとももっと卑しく生きていいんだよ。幸せになっていいんだよ。もっと自分を大切にしてほしい。けいおんの澪ちゃんも「自分を愛さなきゃ 他人も愛せない」って歌ってましたし。きっとそういうことなんですよ。