読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の感想とか

主に漫画やアニメの感想を書いています。ジャンルは様々で基本的に何でもウェルカム!

「GetBackers―奪還屋―」好きな必殺技ランキング

「無限城」「バビロンシティ」「ブードゥーチャイルド」…

GetBackers―奪還屋―」(以下GB)には、思わず厨二心をくすぐられてしまうような単語がたくさん出てきます。特に、バトルシーンで繰り出される必殺技は、敵味方問わず格好良いものばかり。今回は、漫画版GBに出てくる必殺技の中で、私が特に好きだと感じた必殺技をランキング形式で書いていこうと思います。

 

なお、技の説明は「GetBackers裏」から引用させていただきました。

  

※以下、ややネタバレあり

 

第10位 退化香/卑弥呼

氷河で見つかった100万年前の猿人の脳味噌が原料。吸い込むと猿に逆戻りしてしまう。

七つの毒香水において、攻撃力では劣るものの、敵を意表を突くという点ではなかなか効果的な「退化香」。なぜか毎回銀二だけ退化してる率が高いです。おふざけ枠ということで10位にランクイン。

 

第9位 餓狼擬/冬木士度

餓えた狼が獲物に鋭い牙をもって襲いかかるがごとく、敵に必殺の一撃を浴びせる。

動物に擬態することで、その動物固有の能力が使用できる「百獣擬態」。その中でも、格好よさでいったら「餓狼擬」が一番。何気に士度の能力って、GBの中で最強だと思うんですよね。「操獣術」でネズミに偵察させたり、「影朧」で身代りを作ったり、使いようによっては無敵なのでは…?

 

第8位 暗禁閉(アギト)の戒/風鳥院花月

風鳥院流を継ぐ花月は、秘奥儀の「花鳥風月」や、外伝の「鳳凰飛翔」など、他のキャラに比べて持ち技が多いです。「暗禁閉の戒」は、敵の目と耳と口を絃で縫い付けてしまう技で、その絃は7日は決して解けないと言われています。花月は、「暗禁閉の戒」を施した敵に対して「見ざる言わざる聞かざるをして己の罪を悔い改めるがよい!」と言い放ちますが、口を縫っちゃったら、己の罪を悔い改める前に、飢え死にしてしまうのでは…。かずっちゃん、見かけによらず鬼畜です。

 

第7位 サトリ/不動琢磨

最大3秒後の敵の動きまで予測可能な「サトリ」。この能力にさしもの蛮も最後まで苦しめられた。その実態の詳細は不明だが、死の臭いを嗅ぎ取る能力が極めて高いためとされている。

不動はそんなに強いキャラではないですが、「サトリ」という能力自体は非常にかっこいいです。弱点としては、0から1秒後までの見えていない時間、つまり「空白の1秒」が生じるという点が挙げられています。そんなコンマ何秒の世界で何が出来るんだって感じですが、GBにはそんなコンマ何秒の世界で殺り合うやつらがゴロゴロ出てきます。ちなみに、士度は「死の気配」を感じ取り、どこからか現れるという「屍鳥禿鷹」に擬態することで、サトリと同じ力を身に付け不動を倒しました。やっぱり士度の能力って便利…。

 

第6位 雷帝化/天野銀二

特殊な環境下で精神的、肉体的に追い詰められた状態で変化。ノーマルの時の比ではない圧倒的なパワーは本人でも制御不可能。冷酷無比な戦闘マシーンと化す。敵の体内の血液を一瞬にして沸騰させるなど尋常ではない攻撃力を発揮する。

普段の銀二とのギャップがいいですよね。雷帝格好良いんですけど、必殺技かと言われると微妙に違う気がするので順位は低め。

 

第5位 彷徨え独楽の如く(ロブ・ノ・ルウ・ラ)/笑師春樹

鞭を相手の体に幾重にも巻きつけたあと、コマの要領で相手を高速回転。バランスを崩した敵は地面に叩きつけられる。

 これは、技がどうこうというより、設定に惹かれましたね。古代王国桜蘭に伝わる唯一無二の武芸、桜蘭舞踏鞭。この鞭は、桜蘭の女が死ぬ時にたった一本だけ残す、鉄よりも硬く絹よりもしなやかな「龍髪」を何十万人分も集めて織り上げられたと言われています。

f:id:tafumayo:20150729113900j:plain(7巻・ACT.6⑮)

 

第4位 蛇咬(スネークバイト)/美堂蛮

蛇がその大きな口で狙った獲物を咬み殺すかのごとく、200kgという驚異的な握力で相手を掴み、潰してしまう必殺技。その威力は蛇遣い座の力を借りることにより無限に増大する。打撃技や絞め技などで応用される。

 「今こそ 汝が右手に その呪わしき命運尽き果てるまで 高き銀河より下りたもう蛇遣い座を宿すものなり されば我は求め訴えたり 喰らえ その毒蛇の牙を以て!!」

f:id:tafumayo:20150729145325j:plain(12巻・ACT7③)

蛮の必殺技と言えば、邪眼だけかと思いきや、地味に活躍するのがこのスネークバイト。後半は、ほとんど邪眼よりスネークバイトを使って戦ってる方が多かったんじゃないでしょうか。詠唱もあって、思わず真似したくなるほどの格好良さですが、良い子は絶対に真似しないでね。

 

第3位 ダイヤモンド・ダスト/鏡形而

 無数の鏡片を敵の周囲に撒き散らすことで、乱反射による幻影を作り相手を惑わせたり、また鏡片を吸い込んでしまった敵の体を内部からズタズタに切り裂いてしまう。

「ダイヤモンド・ダスト」。この、「格好良さ」と「ダサさ」のちょうど中間に位置するような絶妙な言葉の響き。鏡は最後までラスボス感漂いまくっていましたが、意外と戦闘シーンは少なく、持ってる技も少なかったのが残念。数少ない持ち技の一つ「ダイヤモンドダスト」も赤屍には通用しませんでした。

f:id:tafumayo:20150729111456j:plain(7巻・ACT.6⑲)

 

第2位 赤い十字架(ブラッディ・クロス)/赤屍蔵人

 赤屍の右手に十字が妖しく輝くとき、一気に敵を切り裂く一撃必殺の恐るべき技が繰り出される。まともに食らうと体が4つに切り裂かれてしまう。

う~ん!この黒歴史ノートをめくったら出てきそうな感じのネーミングセンスがたまらなくいいですよね。ブラッディシリーズは格好良いのが多すぎて、「赤い剣(ブラッディ・ソード)」や「赤い闇(ブラッディ・ダークネス)」とも悩んだのですが、やっぱり「赤い十字架(ブラッディ・クロス)」が一番ということに。だって「ブラッディ」だけでも十分すごいのに、「クロス」まで合わさったらもう…ね!

f:id:tafumayo:20150729112010j:plain(7巻・ACT.6⑲)

 

第1位 邪眼/美堂蛮

目を合わせた相手に、一分間の幻影(悪夢)を見せる特殊能力。その間に相手の心の内側を覗くことができる。同時に複数の相手に幻影を見せることも可能。24時間以内に3度まで使えるが、同じ相手には24時間に1度しか通じない。

何だかんだやっぱり邪眼ですよ。邪眼を使って戦うシーンは何度も出てきますが、一番好きなのは最初に出てきたホームレスのおっちゃんの話ですね。ホームレス狩りに遭って生死の境を彷徨うおっちゃんのために、邪眼を使って借金のカタとしてヤクザに連れて行かれてしまった娘の幻影を見せる話です。敵を倒すためだけじゃなく、思い出を奪い還すために邪眼を使うっていうのがいいですよね。f:id:tafumayo:20150728190545j:plain(1巻・ACT.1③)

 

 

以上、「GetBackers―奪還屋―」好きな必殺技ランキングでした。

異論反論大歓迎なので、「自分はこの技の方が好き!」とか「1位邪眼とか普通すぎじゃね?」とか「十兵衛出せやオラ!」とか、何でもいいのでコメントくださったら嬉しいです。