読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の感想とか

主に漫画やアニメの感想を書いています。ジャンルは様々で基本的に何でもウェルカム!

「愚者の皮」感想

結論から言うと、かなり面白い漫画だったと思います。

そもそも、この漫画を読もうと思ったきっかけは、一時期よく出てきていたこの広告。

f:id:tafumayo:20150626224339g:plain 

結構インパクトが大きいので、覚えているという方も多いのではないでしょうか?

正直最初は、ギャグ感覚で読み始めたのですが、読み進めてみると、ストーリーが結構面白い!

 

美人で優しい妻(あよ)と、イケメンで仕事もできる夫(英馬)。誰もが羨むような、まさに絵に描いたような理想の夫婦。しかしある日、あよは交通事故に遭い、その美しい顔に一時的に傷を負ってしまう。それをきっかけに、英馬はあよに対し、塩対応を見せるように…。あよは、英馬のために、一刻も早く元の顔に戻ろうと、無理に整形手術をしようと試みる。その結果、ヤブ医者にひっかかってしまい、怪物のような姿へと変貌してしまうのであった…。

愚者の皮: (上) (ぶんか社コミックス)

愚者の皮: (上) (ぶんか社コミックス)

 

 

全2巻という短さの中に、たくさんの人間ドラマが詰まっています。

ただ、かなり辛い描写も多いので、苦手な方にはおススメしません。

 

※以下ネタバレあり

 

この漫画の一番おもしろいところは、あよから英馬への単なる復讐劇に終わらず、最後まで英馬を追い続けたところだと思います。

 

 英馬のあよに対する心理過程をおおまかに示すと、以下のようになります。

「嫌悪」→「拒絶」→「否認」→「怒り」→「葛藤」→「受容」→「愛」

 

通常の復讐物語であれば、復讐された人は、上記で言う「怒り」あたりで不幸になって終了~だと思うんですが、「愚者の皮」はここからがすごい!

 

とりあえず、英馬は最初めちゃくちゃ嫌な奴です。人の顔見て嘔吐するわ、化物呼ばわりするわ、終いには「ブスは社会の害悪だー!」と言ってのけたり、結構容赦ないです(笑)。(でも、こういう「見た目」重視な社会的風潮って、ここまでではないにしろ実際にもありますよね。みんな表立っては言わないだけで、美人やイケメンの方が得をしやすいのは事実。)

f:id:tafumayo:20150627103803p:plain

しかし、物語が進んでいくにつれて、彼も彼なりに完璧主義な性格故の美意識の強さを持っていることがわかってきます。ある意味、自分の信念に忠実という部分には好感が持てます。だからこそ、あよも最後まで英馬を見捨てなかったのではないでしょうか。

そんな英馬という、人より余計に見た目の醜悪に厳しい人だからこそ、次第にあよを受け入れていく様子が引き立ってきたのだと思います。

ラストは予想外の展開で、壮大な夫婦喧嘩を見終えたなって感じです。

 

ただ残念なのが、この作品は電子書籍でしか読めないということ。紙媒体があれば、ぜひ手元に置いておきたい漫画なのになあ…。

 

 

★付け足し

 史群アル仙さんの「愛と姿」という作品。

f:id:tafumayo:20150627110942g:plain

永遠のテーマですけど、ほんと愛ってなんなんですかね。