漫画の感想とか

主に漫画やアニメの感想を書いています。ジャンルは様々で基本的に何でもウェルカム!

盲目のキャラクター

漫画・アニメ・ゲームに登場する盲目のキャラクターを集めてみました。最初から盲目だったキャラ、途中から盲目になったキャラ、盲目だったけど視力を取り戻したキャラなどその経緯は様々です。とりあえず、 一時的にでも「完全に見えていない」状態があれば…

「銀牙―流れ星 銀―」感想

香ばしそうな肉球を愛でるための漫画です(たぶん違います)。 銀牙―流れ星銀 (1) (集英社文庫―コミック版) 作者: 高橋よしひろ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1997/11 メディア: 文庫 クリック: 7回 この商品を含むブログ (25件) を見る 激しくぶつかり…

「ロミオ×ジュリエット」感想

OPが神! ロミオ×ジュリエット -1- [DVD] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2007/07/27 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (62件) を見る ※以下ネタバレあり ファンタジーな世界観 「空中浮遊大陸」とか「大樹エスカラ…

オーケストラ聞きに行ってきた

※下ネタ注意 数少ない友人の一人が、チケットが余ってるから一緒にどうかと誘ってくれました。 音楽の知識なんてまるで無い私ですが、暇人28号に断る理由なんて無いので、ありがたく誘いに応じることに。 行ってみると意外に子どもが多くてびっくり。 子ども…

「BLOOD+」感想

アニメ「BLOOD+」のコミカライズ版です。アニメは全体的に話が重くシリアスな雰囲気ですが、漫画は明るくテンポ良く話が進みます。ネットで評価を見る限りは、厳しい意見も多いようですが、私はこれぞコミカライズの成功例だと思っています。 BLOOD+(1) (カ…

「BLOOD+」思い出のエピソードTOP10

私の中の三大トラウマアニメ*1の一つでもある「BLOOD+」。ちょうど10年前の今日、2005年10月8日に、記念すべき第1回目の放送が始まりました。夕方6時にやるにはなかなか刺激的なアニメで、当時小学生だった自分は、毎週テレビの前で(゜Д゜)って顔をしなが…

「白ゆき姫殺人事件」感想

普通に面白かったです。 白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫) 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/02/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (32件) を見る ※以下ネタバレあり マンマローネームの正体について マンマローで会話している人た…

「おやすみプンプン」感想

正統派の漫画ではなく、何と言うかヴィレバンに置いていそうな感じ。というか実際に置いている。 よく有名な鬱漫画として挙げられる『ミスミソウ』が「非日常的」な鬱漫画だとしたら、『おやすみプンプン』はもっと「日常的」な鬱漫画。じわじわと心の内側を…

「人面瘡―手塚治虫怪奇アンソロジ―」感想

おおよそ作品の内容の深さに沿ぐわない、薄っぺらい感想です。 ★は主観で付けました。 ※以外ネタバレあり 人面瘡―手塚治虫怪奇アンソロジー (角川ホラー文庫) 作者: 手塚治虫 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1998/12 メディア: 文庫 クリック: 1回 この…

「デトロイト・メタル・シティ」感想

最高に下品で冒涜的で子供に見せたくない漫画。 でも面白い。 唯一の欠点は読んでて飽きてくること。 デトロイト・メタル・シティ (1) (JETS COMICS (246)) 作者: 若杉公徳 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2006/05/29 メディア: コミック 購入: 6人 クリッ…

「初恋限定。」感想

オムニバス形式のラブコメ漫画です。特定の主人公が存在しておらず、登場人物についてそれぞれの「初恋」が描かれています。アプローチとしては面白い試みだったと思うのですが、残念ながら約半年ほどでの連載打ち切り。単行本の方も全4巻という短さになっ…

「いちご100%」名場面ランキング

まさにタイトル通り、いちごのような甘酸っぱい恋と青春が詰まった「いちご100%」。エッチな展開にドキドキさせられたかと思えば、切ない展開に痛いくらい胸を締め付けられる。河下先生の絶妙な匙加減には脱帽です。 ※以下ネタバレあり いちご100% (1) (ジャ…

「その時歴史が動いた 三国志編」感想

第一部では「劉備」が、第二部では「諸葛亮(孔明)」が中心となって、蜀の視点から物語が進んでいきます。 NHKその時歴史が動いた―コミック版 (三国志編) (ホーム社漫画文庫) 作者: 小川おさむ,NHK取材班 出版社/メーカー: ホーム社 発売日: 2004/09 メディア…

「ヒカルの碁」感想

世の中に囲碁ブームを巻き起こしたジャンプの名作「ヒカルの碁」。 この漫画がきっかけで囲碁を始めたという人も多いのではないでしょうか。 かく言う私も中学生のとき囲碁将棋クラブに入り、訳もわからぬまま碁盤を広げ、訳もわからぬまま碁石をパッチーン…

「最終兵器彼女」感想

感想を書くつもりが、9割方ふゆみ先輩の悪口になってしまった。 最終兵器彼女 (1) (ビッグコミックス) 作者: 高橋しん 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2000/05 メディア: コミック 購入: 1人 クリック: 172回 この商品を含むブログ (225件) を見る ※以下ネ…

「アフロ田中」感想

「田中は人生」 ※以下ネタバレあり 高校アフロ田中 1 (ビッグコミックス) 作者: のりつけ雅春 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2002/04/26 メディア: コミック クリック: 28回 この商品を含むブログ (19件) を見る 「ファイナルアンサーは桃色」(1巻5発め…

「るろうに剣心」感想

「京都編」までしか読んだことが無かったので、今さらながら読み直し。 るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之1) (ジャンプ・コミックス) 作者: 和月伸宏 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1994/09 メディア: コミック 購入: 1人 クリック: 31回 この商品を含む…

ラブライBUSAIKU!?「ヨリを戻したい元カレへカラオケ中に告白」

μ’sのメンバーが友人に誘われた食事会で偶然元カレに遭遇。未だに彼のことが好きな気持ちをカラオケと共に伝えてもらうという設定です。 ※特に歌詞で伝えたい部分はピンクの文字で表示しています。 第9位 南ことり 会いたくて 会いたくて 西野カナ J-Pop ¥25…

「おねがい☆ティーチャー」感想

「おねがい☆ティーチャー」。通称「おねてぃ」。 タイトルから想像するに、「性欲旺盛な男子生徒と、ちょっとエッチな美人女教師が、隙あらばイチャコラしている様子を、キモオタがブヒブヒ言いながら読むエロ漫画」だとずっと思っていました。 しかし今、そ…

「真・女神転生デビルチルドレン」感想

「真・女神転生デビルチルドレン」(以下デビチル)は、2001~2002年までコミックボンボンで連載されていた少年漫画です。ボンボンに掲載されている漫画といえば、全体的にリアルなタッチで描かれているのが特徴的。当時、兄の部屋に置いてあったボンボンを…

「GetBackers―奪還屋―」好きな必殺技ランキング

「無限城」「バビロンシティ」「ブードゥーチャイルド」… 「GetBackers―奪還屋―」(以下GB)には、思わず厨二心をくすぐられてしまうような単語がたくさん出てきます。特に、バトルシーンで繰り出される必殺技は、敵味方問わず格好良いものばかり。今回は、漫…

今週のお題「ゲーム大好き」

たいした知識も無いにわかですが、好きなゲームについての思い出を書こうと思います。 しかも下手クソなので、クリア出来てないのばっかり。でも好きなんだなぁ。 ある日突然、父親が買ってきたシリーズ ・スパイロ・ザ・ドラゴン/アクション スパイロ・ザ…

かわいい幼女が出てくるアニメ

今までに見たアニメの中で出会った、かわいい幼女達をひたすら挙げていくだけです。 また、「幼女」の定義ですが、調べてみたところ、特に明確な定義といったものは無いようだったので、はてなキーワードを参考にさせていただきたいと思います。 幼い女の子…

「キーリ」感想

私が中学校に入って初めて仲良くなった友人、Mちゃん。彼女が最初に貸してくれた漫画が「キーリ」でした。したがって、少し思い出補正も入っているかもしれないですが、本当に素晴らしい作品だと思います。 あらすじ キーリは幽霊の見える14歳の女の子。ある…

「アオハライド」感想

つい先日、アオハライドの最終巻を読み終えました。 仁菜子風に言わせてもらうと、キュンじゃなくて、もはやギュンでした。 この漫画をニヤケないで読める人なんているんですかね? いたら500円あげてもいいくらいです。 ・あらすじ 高1の双葉には中学時代か…

「幽麗塔」感想

めちゃくちゃ面白いです!!! 今年は、江戸川乱歩没後50年ということで、アニメ「乱歩奇譚」が話題になっていますが、「幽麗塔」も原作に乱歩が関わっている面白い漫画です。 あらすじ 時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽麗塔と呼ばれる時計塔で…

「ラーゼフォン」感想

本日、2015年7月4日といえば… そう!アニメ「ラーゼフォン」の第1楽章「首都侵攻」にあたる日です!! この日、東京の高校生、神名綾人は地下鉄で模試会場へ向かう途中、脱線事故に遭います。その後、世音(ゼフォン)神殿にてラーゼフォンと出会い、ここから…

「愚者の皮」感想

結論から言うと、かなり面白い漫画だったと思います。 そもそも、この漫画を読もうと思ったきっかけは、一時期よく出てきていたこの広告。 結構インパクトが大きいので、覚えているという方も多いのではないでしょうか? 正直最初は、ギャグ感覚で読み始めた…

「スクフェス」好きなモブキャラランキング

先日、映画も公開され、今のりにのってる超人気アニメ「ラブライブ!」。 そのゲーム版アプリ「スクールアイドルフェスティバル」の方も、無料にもかかわらず、その充実した楽曲内容や高いゲーム性などから、男女問わず人気を集めています。 そのスクフェス…

「東京喰種」感想

原作(漫画)を読まないで、アニメしか見ていない人の感想です。 とりあえず、原作を読まずに「東京喰種√A」最終回まで見終わると、次のような疑問が残ります。 ※以下ネタバレあり ・ニコ、ロマ、タタラ、ノロ、ナキ、クロ、シロ、シャチあたりの重要そうなキ…